プレスネット記事

呼吸器

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

循環器

冷え症のはなし

冷え症に対するさまざまな調査が行われていますが、女性の場合、約半数が冷え症という結果が出ています。冷えは冬の悩みと思われがちですが、年中冷えを感じている人が多いとの報告もあります。

【冷え症のデメリット】

□代謝が落ちる

体温が1℃下がると代謝が12%低下します。その結果、太り易くなります。

□めぐりが悪くなる

血流が低下すると体内のエネリギーや物質のめぐりが悪くなり、痛みなどの症状が現れやすくなります。

□月経トラブルや不妊につながりやすい

月経痛・月経不順などで排卵障害や子宮内膜の状態が悪化します。

□さまざまな症状を伴う

倦怠感・頭痛・腰痛などで生活の質の低下を招きます。

冷え症のタイプ別改善法

〇熱エネルギー不足タイプ

筋肉量や運動量が少なく胃腸が弱く、食生活が偏っています。胃腸の働きを高め、身体を温める人参、白朮、茯苓などを配合した漢方を用います。

〇血液ドロドロタイプ

血液の巡りが悪いため、全身に熱エネルギーがいきわたりません。血流を改善する当帰、川芎、紅花などを配合した漢方を用います

〇自律神経乱れタイプ

ストレスの影響で交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。近年、多いタイプです。自律神経を整える柴湖、香附子、薄荷などを配合した漢方を用います。

〇水分過剰タイプ 水分の排泄が悪く、熱を冷やしています。水分代謝を改善するい沢瀉、猪苓、ハトムギなどを配合した漢方を用います。

バックナンバー

・記事がありません。

代謝・内分泌

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

血液

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

神経・脳、脳神経

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

膠原病

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

小児

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

外科・周術期

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

整形・運動器

運動器の障害に活用できる漢方

高齢化社会を迎え、運動器に障害をきたし、介護が必要な方が増えています。

厚生労働省の調査で介護が必要になった原因の一番は関節疾患で、これが介護の入り

口になっていることが伺えます。今回は、増加する運動器障害に対してお勧めの漢方

処方をご紹介します。

○桂枝加朮附湯

患部が冷えると痛むもの。

関節周囲の血行不良が原因です。

○薏苡仁湯

起床時や天気が悪い日に重い痛みを生ずるもの。

湿度が高くなると関節周囲の水分が増えて神経を圧迫するのが原因です。

○牛車腎気丸

腰から下が冷えて重だるく痛むもの。

むくみや、夜間頻尿を伴うことが多い。

老化により、泌尿器と足腰が弱り、その結果、血行不良と水分代謝が悪化したことが

原因です。

○疎経活血湯

足腰がひきつる、刺すような痛み。夕方に痛みが増す場合が多い。

過度な運動や重労働など長年に渡り使い続けたことが原因です。

○独活寄生丸

高齢者や虚弱者の痛みで、慢性化している場合。

筋肉や骨が老化により弱くなったことが原因です。

これらの処方に気と血の巡りを良くする地竜や田三七人参を併用すると効果が上がります。

バックナンバー

・記事がありません。

皮膚

ニキビと漢方

コロナ禍で感染を防ぐために1日中マスクを着用することが日常化しました。マスクをした状態で息をすると、吐いた息によってマスク内が蒸れてアクネ菌が繁殖しやすくなります。また、マスクと肌が擦れることで角質が肥厚し、毛包(毛根を包む組織)が閉塞しやすくなってしまいことも原因の一つです。最初は白ニキビで発症し、酸化すると黒ニキビ、炎症で赤ニキビ、膿疱形成による黄ニキビ、膿疱が破れて固まった紫ニキビを一連の流れがあります。

治療方法

表面からの治療として、排膿、抗菌、解熱作用を持った漢方薬と、内面からの治療として滞った血流の改善、便秘、月経不順、ストレス、不眠の改善作用のある漢方薬を併用します。

◎荊防敗毒散

赤く腫れて、化膿した痛痒い赤ニキビに適しています。

食生活が不規則で油の多い食物の摂取や、洗顔がきれいにできず,毛穴のつまりが原因です。

◎荊芥連翹湯(成人)

◎柴胡清肝湯(未成年)

ストレスを背景に、皮膚の代謝が乱れ、大きく黒ずんだ黒ニキビに適しています。

進学や就職、職場環境の変化により悪化しやすいのが特徴です。

◎一貫堂竜胆瀉肝湯

マスクの中の高温、多湿で悪化するニキビに適しています。頬から口の周りにできるニキビに適しています。マスク内を乾燥させ、湿気を抑える働きがあります。

泌尿器

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

耳鼻咽喉

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

歯・口腔

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー