プレスネット記事

共通

病後の回復補助

厚労省「新型コロナウイルス感染症の手引き」によると、感染後の不快な症状の頻度は約72%であり、半年以上経過しても約56%の方が何らかの症状に悩まされています。オミクロン株に感染した後の症状はデルタ株とは異なり、咳などの呼吸器症状、倦怠感などの全身症状を訴える方が多いそうです。一方、日本東洋医学会の「COVID-19漢方治療症例報告」に感染症の後遺症に対する報告があり、漢方治療による症例も増えています。

病後の漢方処方

慢性的に咳が続くと呼吸する力も衰え、体力も衰えます。咳の原因となる炎症を抑える竹葉、石膏に加え、体力の回復に優れた人参、気管支粘膜の乾燥を防ぐ麦門冬などが配合された竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)を用います。せき込みが強くて呼吸困難を訴える場合は、せき込みを抑える紫蘇子(シソシ)が配合された蘇子降気湯(そしこうきとう)を用います。また、心身共に疲れて不眠が続く場合は帰脾湯(きひとう)、嗅覚障害が残る場合は麗沢通気湯加辛夷(れいたくつうきとうかしんい)や当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)を用います。

呼吸器

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

循環器

冷え症のはなし

冷え症に対するさまざまな調査が行われていますが、女性の場合、約半数が冷え症という結果が出ています。冷えは冬の悩みと思われがちですが、年中冷えを感じている人が多いとの報告もあります。

【冷え症のデメリット】

□代謝が落ちる

体温が1℃下がると代謝が12%低下します。その結果、太り易くなります。

□めぐりが悪くなる

血流が低下すると体内のエネリギーや物質のめぐりが悪くなり、痛みなどの症状が現れやすくなります。

□月経トラブルや不妊につながりやすい

月経痛・月経不順などで排卵障害や子宮内膜の状態が悪化します。

□さまざまな症状を伴う

倦怠感・頭痛・腰痛などで生活の質の低下を招きます。

冷え症のタイプ別改善法

〇熱エネルギー不足タイプ

筋肉量や運動量が少なく胃腸が弱く、食生活が偏っています。胃腸の働きを高め、身体を温める人参、白朮、茯苓などを配合した漢方を用います。

〇血液ドロドロタイプ

血液の巡りが悪いため、全身に熱エネルギーがいきわたりません。血流を改善する当帰、川芎、紅花などを配合した漢方を用います

〇自律神経乱れタイプ

ストレスの影響で交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。近年、多いタイプです。自律神経を整える柴湖、香附子、薄荷などを配合した漢方を用います。

〇水分過剰タイプ 水分の排泄が悪く、熱を冷やしています。水分代謝を改善するい沢瀉、猪苓、ハトムギなどを配合した漢方を用います。

バックナンバー

・記事がありません。

代謝・内分泌

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

血液

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

膠原病

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

小児

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

外科・周術期

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

皮膚

ニキビと漢方

コロナ禍で感染を防ぐために1日中マスクを着用することが日常化しました。マスクをした状態で息をすると、吐いた息によってマスク内が蒸れてアクネ菌が繁殖しやすくなります。また、マスクと肌が擦れることで角質が肥厚し、毛包(毛根を包む組織)が閉塞しやすくなってしまいことも原因の一つです。最初は白ニキビで発症し、酸化すると黒ニキビ、炎症で赤ニキビ、膿疱形成による黄ニキビ、膿疱が破れて固まった紫ニキビを一連の流れがあります。

治療方法

表面からの治療として、排膿、抗菌、解熱作用を持った漢方薬と、内面からの治療として滞った血流の改善、便秘、月経不順、ストレス、不眠の改善作用のある漢方薬を併用します。

◎荊防敗毒散

赤く腫れて、化膿した痛痒い赤ニキビに適しています。

食生活が不規則で油の多い食物の摂取や、洗顔がきれいにできず,毛穴のつまりが原因です。

◎荊芥連翹湯(成人)

◎柴胡清肝湯(未成年)

ストレスを背景に、皮膚の代謝が乱れ、大きく黒ずんだ黒ニキビに適しています。

進学や就職、職場環境の変化により悪化しやすいのが特徴です。

◎一貫堂竜胆瀉肝湯

マスクの中の高温、多湿で悪化するニキビに適しています。頬から口の周りにできるニキビに適しています。マスク内を乾燥させ、湿気を抑える働きがあります。

泌尿器

記事がありません。

記事がありません。

バックナンバー

精神・神経

不眠症に用いられる漢方薬

不眠症はいつの時代から発症していたのでしょうか?

どうも江戸時代の中期で世情が安定してきた頃のようです。このころから人間関係での格式やしきたりがうるさくなり、今と同じようにストレス社会になったと思われます。現代では日本人の5人に1人が睡眠に対して問題を抱え、60歳以上にになると約3人に1人が睡眠問題で悩んでいると報告されています。

漢方薬は西洋薬のような強制的な眠りを誘導する働きではなく、自然な眠りを誘導することができます。睡眠薬による習慣性の問題や、早朝時の体のだるさ、ふらつきなどを気にされる方に安心して服用していただけます。

代表的な漢方薬

●酸棗仁湯

不眠症のファーストチョイス、心身の疲れで眠れない、眠りが浅い方

●黄連解毒湯

ストレスを強く感じ、興奮し易く、まれに不安感を感じる方

●柴胡加竜骨牡蠣湯

抑うつや動悸を伴い、眠りが浅く夢見が多い方

●帰脾湯

疲れすぎて眠れない、胃腸虚弱で、夜間によく目が覚めることが多い方

●柴胡桂枝乾姜湯

寝汗、動悸、疲労倦怠感が強い虚弱体質の方

●黄連阿膠湯

胸苦しさや皮膚のかゆみで眠れない、目がさえて眠れない方。

●桂枝加竜骨牡蠣湯

心身の疲労感が強く、眠りが浅く、夜間によく目が覚めることが多い方

●抑肝散加陳皮半夏

ストレスが発散できず神経が高ぶり、いやな夢をよく見る、睡眠時に歯ぎしりがはげしい方

●黒逍遥散

更年期のホルモンバランスの乱れにより、のぼせやイライラなどの精神不安定な状態を伴う方