冷え症のはなし

冷え症に対するさまざまな調査が行われていますが、女性の場合、約半数が冷え症という結果が出ています。冷えは冬の悩みと思われがちですが、年中冷えを感じている人が多いとの報告もあります。

【冷え症のデメリット】

□代謝が落ちる

体温が1℃下がると代謝が12%低下します。その結果、太り易くなります。

□めぐりが悪くなる

血流が低下すると体内のエネリギーや物質のめぐりが悪くなり、痛みなどの症状が現れやすくなります。

□月経トラブルや不妊につながりやすい

月経痛・月経不順などで排卵障害や子宮内膜の状態が悪化します。

□さまざまな症状を伴う

倦怠感・頭痛・腰痛などで生活の質の低下を招きます。

冷え症のタイプ別改善法

〇熱エネルギー不足タイプ

筋肉量や運動量が少なく胃腸が弱く、食生活が偏っています。胃腸の働きを高め、身体を温める人参、白朮、茯苓などを配合した漢方を用います。

〇血液ドロドロタイプ

血液の巡りが悪いため、全身に熱エネルギーがいきわたりません。血流を改善する当帰、川芎、紅花などを配合した漢方を用います

〇自律神経乱れタイプ

ストレスの影響で交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。近年、多いタイプです。自律神経を整える柴湖、香附子、薄荷などを配合した漢方を用います。

〇水分過剰タイプ 水分の排泄が悪く、熱を冷やしています。水分代謝を改善するい沢瀉、猪苓、ハトムギなどを配合した漢方を用います。

広告

前の記事

生脈散