今週のプレスネット記事

冷え症のはなし

冷え症に対するさまざまな調査が行われていますが、女性の場合、約半数が冷え症という結果が出ています。冷えは冬の悩みと思われがちですが、年中冷えを感じている人が多いとの報告もあります。

【冷え症のデメリット】

□代謝が落ちる

体温が1℃下がると代謝が12%低下します。その結果、太り易くなります。

□めぐりが悪くなる

血流が低下すると体内のエネリギーや物質のめぐりが悪くなり、痛みなどの症状が現れやすくなります。

□月経トラブルや不妊につながりやすい

月経痛・月経不順などで排卵障害や子宮内膜の状態が悪化します。

□さまざまな症状を伴う

倦怠感・頭痛・腰痛などで生活の質の低下を招きます。

冷え症のタイプ別改善法

〇熱エネルギー不足タイプ

筋肉量や運動量が少なく胃腸が弱く、食生活が偏っています。胃腸の働きを高め、身体を温める人参、白朮、茯苓などを配合した漢方を用います。

〇血液ドロドロタイプ

血液の巡りが悪いため、全身に熱エネルギーがいきわたりません。血流を改善する当帰、川芎、紅花などを配合した漢方を用います

〇自律神経乱れタイプ

ストレスの影響で交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。近年、多いタイプです。自律神経を整える柴湖、香附子、薄荷などを配合した漢方を用います。

〇水分過剰タイプ 水分の排泄が悪く、熱を冷やしています。水分代謝を改善するい沢瀉、猪苓、ハトムギなどを配合した漢方を用います。

>> 続きが気になる方は記事をクリック

中国四千年の歴史と最先端技術を駆使し、お一人お一人のお悩みにきめ細かく対応します。

薬膳薬局では、中国四千年の歴史と最先端技術の人口知能を使用した漢方の健康チェックシステムを導入しています。
(血管撮影、血管像、血流測定、体成分分析などの機器を利用)

お一人お一人の悩みの症状にきめ細かく対応することが可能で、婦人病・アレルギー・自律神経・肥満など、日頃少しでもきになるところがあれば、ぜひお気軽にご相談ください。

漢方薬は長く飲み続けなければならないと思われがちですが、当店では単にお薬をお出しするだけでなく、漢方薬が合っているかどうか定期的にチェックできるシステムを導入しています。したがって、症状に合った漢方であれば、短期間に改善することが可能です。

なお、保険適用による漢方処方をご希望の方は、近隣の漢方医をご紹介いたしますのでお気軽にご相談下さい。

漢方薬膳薬局 代表者 島崎 一郎

漢方薬膳薬局
代表者 島崎 一郎

アクセス

薬膳薬局東広島西条店

東広島市西条西本町25-29
営業時間:8:00~20:00
定休:木曜日午後・日曜祝日
電話番号:082-424-5121

薬膳薬局東広島志和店

東広島市志和町別府1341-2
営業時間:9:00~18:00
定休:木土曜日午後・日曜祝日
電話番号:082-433-5011

体の不調・慢性の症状でお悩みの方・・・漢方による体質改善をお試しください。

当薬局では最先端コンピュータによる分析と薬剤師の豊富な経験・知識によるきめ細かなカウンセリングで、お一人お一人の症状に合わせた処方をご提供致します。

処方後も定期的なチェックを行い、効果的に体質改善できる最善の方法を決定します。
また薬の服用方法、食事の改善等も丁寧に指導致しております。

長年にわたり体の不調・慢性の症状で悩まれている方は、ぜひ薬膳薬局までご相談ください。

グリーンサイトライセンス証明書へのリンク

このサイトは
植樹による
地球温暖化
防止に貢献
しています。

MENU
PAGE TOP