熱中症対策

今年の夏は暑く、大量の汗をかいて熱中症で倒れた方も多かったようです。まだ暑い日が続きますから注意が必要です。汗は体温調節や皮膚の乾燥防止に必要ですが、夏の汗は体力や体液の消耗につながってしまいます。体がだるい、疲れやすい、疲れがたまって回復しない、胃腸が弱って食欲がない、など漢方医学では汗は気力と体液を両方含んでいると考えるため、過剰な発汗は体力低下や、脱水症状を引き起こすとされます。

〇過剰な発汗を防ぐ代表処方

生脈散(しょうみゃくさん) 人参、麦門冬、五味子の生薬の働きで、大量の発汗後や肉体疲労時の機能低下を改善します。生脈散という名前は体内エネルギーや体に必要な水分の消耗を防ぎ、弱くなった脈を回復するという働きを表しています。滋養強壮作用があり、普段から顔色が悪く、胃腸もじょうぶでなく、疲れやすい方にお勧めです。

広告

前の記事

日本発!飲むエミュー
広告

次の記事

食事のときに脂肪対策