プレスネット記事

精神・神経不眠症に用いられる漢方薬

不眠症はいつの時代から発症していたのでしょうか?

どうも江戸時代の中期で世情が安定してきた頃のようです。このころから人間関係での格式やしきたりがうるさくなり、今と同じようにストレス社会になったと思われます。現代では日本人の5人に1人が睡眠に対して問題を抱え、60歳以上にになると約3人に1人が睡眠問題で悩んでいると報告されています。

漢方薬は西洋薬のような強制的な眠りを誘導する働きではなく、自然な眠りを誘導することができます。睡眠薬による習慣性の問題や、早朝時の体のだるさ、ふらつきなどを気にされる方に安心して服用していただけます。

代表的な漢方薬

●酸棗仁湯

不眠症のファーストチョイス、心身の疲れで眠れない、眠りが浅い方

●黄連解毒湯

ストレスを強く感じ、興奮し易く、まれに不安感を感じる方

●柴胡加竜骨牡蠣湯

抑うつや動悸を伴い、眠りが浅く夢見が多い方

●帰脾湯

疲れすぎて眠れない、胃腸虚弱で、夜間によく目が覚めることが多い方

●柴胡桂枝乾姜湯

寝汗、動悸、疲労倦怠感が強い虚弱体質の方

●黄連阿膠湯

胸苦しさや皮膚のかゆみで眠れない、目がさえて眠れない方。

●桂枝加竜骨牡蠣湯

心身の疲労感が強く、眠りが浅く、夜間によく目が覚めることが多い方

●抑肝散加陳皮半夏

ストレスが発散できず神経が高ぶり、いやな夢をよく見る、睡眠時に歯ぎしりがはげしい方

●黒逍遥散

更年期のホルモンバランスの乱れにより、のぼせやイライラなどの精神不安定な状態を伴う方

産婦人科男性不妊の現状と漢方

不妊といえば女性に問題があると思われがちですが、最近では、電磁波、ストレス、不規則な生活、加工食品の摂りすぎなどで男性不妊の方が増えています。

精子の基準は精液量、精子濃度、総精子数、運動率、生存率、正常形態率などで規定されています。疾患別でみると、造精機能障害が82%、性機能障害が14%、精路通貨障害が4%、となっています。

中でも原因のわからない突発性の造精機能障害が42%と最も多く、治療に難渋する場合も多いようです。西洋医学的な治療が難しい場合は、漢方薬が役立つ場合があります。

例えば、精子頭部の空砲形成には柴胡加竜骨牡蠣湯や補中益気湯の3か月服用で有意な改善を認めたという報告もあります。また、精子の運動率の改善には八味地黄丸や牛車腎気丸が選択されています。

精力や活力が低下している場合は鹿の角や亀の甲板を配合した活力勇骨丸を用います。

精神・神経ストレスにおすすめの漢方

春は入学や就職、転勤など環境が変わる方が多く、気持ちが不安定になりやすい季節です。

この時期は不安感、抑うつ感、不眠などのストレスに関連する症状が出やすくなります。

帰脾湯(きひとう)

身も心も弱り、心(精神)の疲れを感じる方の漢方薬です。胃腸が弱くて気力が出ず、血液の供給が不十分で栄養が得られないために、身体だけでなく、精神も疲れてしまう状態に用いられます。眠りが浅く、夢見が多く、夜間によく目が覚める方や、日中の眠気、動悸などの症状がある方にお勧めです。

黄連阿膠湯(おうれんあきょうとう)

疲労が強く、胸の苦しさが強く、イライラしやすい方や、足が冷えて顔はのぼせ気味の方、身体が乾燥しやすい高齢者の不眠にもお勧めです。

柴胡疎肝湯(さいこそかんとう)

ストレスによって気分の発散がうまくできず、イライラなど感情の起伏が激しいため、脇腹の腹の張りを感じたり、腹痛など痛みを感じる方にお勧めです。

定悸飲(ていきいん)

不安やストレスによる動悸、あるいは下から突きあがってくるような動悸、その他、めまい、ふらつき、のぼせなどを伴う不安神経症の方にお勧めです。

整形・運動器冬場に悪化した肩・首の痛み

冬場の冷えの影響もあって、痛みの症状が強くなっている方が増えているのではないでしょうか?

冬場の痛みは冷えにより筋肉のこわばりが増悪するといった特徴があります。その結果、血液の流れが悪くなり、神経からのしびれを生じます。

鎮痛薬や湿布などは一時的に症状を抑えるだけで根本治療になりません。血液の流れを改善し、筋肉の動きを改善することが大切です。

漢方処方

肩こりには葛根湯が効くとよく言われますが、葛根湯には咳止めに効果のある麻黄が含まれており、心臓への負担が増すため、長期投与に向いていません。

一方、独活葛根湯という処方には麻黄の分量が少なく、筋肉の痛みとこわばりを和らげる独活が配合されており長期服用に適しています。

さらに血液循環を改善する地黄の配合により筋肉の動きを和らげる効果もあります。

雨や気圧によって痛みが増す場合は、水分代謝が悪化しているので、桂枝加朮附湯を併用します。お気軽にご相談ください。

皮膚ニキビと漢方

コロナ禍で感染を防ぐために1日中マスクを着用することが日常化しました。マスクをした状態で息をすると、吐いた息によってマスク内が蒸れてアクネ菌が繁殖しやすくなります。また、マスクと肌が擦れることで角質が肥厚し、毛包(毛根を包む組織)が閉塞しやすくなってしまいことも原因の一つです。最初は白ニキビで発症し、酸化すると黒ニキビ、炎症で赤ニキビ、膿疱形成による黄ニキビ、膿疱が破れて固まった紫ニキビを一連の流れがあります。

治療方法

表面からの治療として、排膿、抗菌、解熱作用を持った漢方薬と、内面からの治療として滞った血流の改善、便秘、月経不順、ストレス、不眠の改善作用のある漢方薬を併用します。

◎荊防敗毒散

赤く腫れて、化膿した痛痒い赤ニキビに適しています。

食生活が不規則で油の多い食物の摂取や、洗顔がきれいにできず,毛穴のつまりが原因です。

◎荊芥連翹湯(成人)

◎柴胡清肝湯(未成年)

ストレスを背景に、皮膚の代謝が乱れ、大きく黒ずんだ黒ニキビに適しています。

進学や就職、職場環境の変化により悪化しやすいのが特徴です。

◎一貫堂竜胆瀉肝湯

マスクの中の高温、多湿で悪化するニキビに適しています。頬から口の周りにできるニキビに適しています。マスク内を乾燥させ、湿気を抑える働きがあります。

整形・運動器運動器の障害に活用できる漢方

高齢化社会を迎え、運動器に障害をきたし、介護が必要な方が増えています。

厚生労働省の調査で介護が必要になった原因の一番は関節疾患で、これが介護の入り

口になっていることが伺えます。今回は、増加する運動器障害に対してお勧めの漢方

処方をご紹介します。

○桂枝加朮附湯

患部が冷えると痛むもの。

関節周囲の血行不良が原因です。

○薏苡仁湯

起床時や天気が悪い日に重い痛みを生ずるもの。

湿度が高くなると関節周囲の水分が増えて神経を圧迫するのが原因です。

○牛車腎気丸

腰から下が冷えて重だるく痛むもの。

むくみや、夜間頻尿を伴うことが多い。

老化により、泌尿器と足腰が弱り、その結果、血行不良と水分代謝が悪化したことが

原因です。

○疎経活血湯

足腰がひきつる、刺すような痛み。夕方に痛みが増す場合が多い。

過度な運動や重労働など長年に渡り使い続けたことが原因です。

○独活寄生丸

高齢者や虚弱者の痛みで、慢性化している場合。

筋肉や骨が老化により弱くなったことが原因です。

これらの処方に気と血の巡りを良くする地竜や田三七人参を併用すると効果が上がります。

循環器冷え症のはなし

冷え症に対するさまざまな調査が行われていますが、女性の場合、約半数が冷え症という結果が出ています。冷えは冬の悩みと思われがちですが、年中冷えを感じている人が多いとの報告もあります。

【冷え症のデメリット】

□代謝が落ちる

体温が1℃下がると代謝が12%低下します。その結果、太り易くなります。

□めぐりが悪くなる

血流が低下すると体内のエネリギーや物質のめぐりが悪くなり、痛みなどの症状が現れやすくなります。

□月経トラブルや不妊につながりやすい

月経痛・月経不順などで排卵障害や子宮内膜の状態が悪化します。

□さまざまな症状を伴う

倦怠感・頭痛・腰痛などで生活の質の低下を招きます。

冷え症のタイプ別改善法

〇熱エネルギー不足タイプ

筋肉量や運動量が少なく胃腸が弱く、食生活が偏っています。胃腸の働きを高め、身体を温める人参、白朮、茯苓などを配合した漢方を用います。

〇血液ドロドロタイプ

血液の巡りが悪いため、全身に熱エネルギーがいきわたりません。血流を改善する当帰、川芎、紅花などを配合した漢方を用います

〇自律神経乱れタイプ

ストレスの影響で交感神経が優位になり、血管が収縮して血流が悪くなります。近年、多いタイプです。自律神経を整える柴湖、香附子、薄荷などを配合した漢方を用います。

〇水分過剰タイプ 水分の排泄が悪く、熱を冷やしています。水分代謝を改善するい沢瀉、猪苓、ハトムギなどを配合した漢方を用います。

産婦人科月経前症候群と漢方

近年、月経前症候群(以下PMS)の患者数は増加傾向にあります。PMSは月経前、3~10日の黄体期の間に続く精神的あるいは身体的症状で月経の始まりとともに消失するものと定義されています。具体的には腰や下腹部の不快な痛み、むくみ,頭痛,便秘,イライラ、肌あれといった症状になります。治療には鎮痛薬やホルモン療法がありますが、漢方医学的には気と血の流れが下方に誘導されることが原因と考え、これに対応した漢方薬が有効です。

《漢方処方》

イライラ、疲れ、その他多多様な症状にはホルモンバランスを整える逍遥散(しょうようさん)が代表処方になります。冷えやむくみを伴う場合には血の流れと水分の排泄を促進させる桂皮茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を併用します。また、興奮したり気分が不安定になる人には抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)を用います。PMSの症状としてよくみられるイライラは日常の出来事が誘因となって起こる感情であり、その本質には「思うようにいかない」という気持ちがあります。気持ちを切り替えることで症状も軽減されます。お気軽にご相談ください。

精神・神経男性更年期障害

男性の主要なホルモンであるテストステロンが減少すると心身に様々な不調が現れます。ホルモンの減少は早い人では30代から始まり、主な症状は、意欲の低下、不眠、男性機能の低下、頻尿、肥満、動脈硬化などです。西洋医学ではテストステロンの定期的な注射になりますが、症状が軽ければ漢方薬やサプリメントで改善する例も多くみられます。

漢方処方

漢方では成長、発育、生殖など生命活動の原動力を提供する臓器を「腎」ととらえ、腎の機能の低下がテストステロンの低下を導き、男性更年期障害を発症すると考えます。したがって、腎の機能を高める漢方薬の服用が有効と考えます。雄の鹿の頭に生えた幼角を加工した鹿茸(ろくじょう)や幼虫に寄生し幼虫の養分を吸収して育った冬虫夏草(とうちゅうかそう)がよく使われます。食事ではスイカや冬瓜に含まれるシトルリンという成分にテストステロンを増やす働きがあります。

消化器便秘

昔から快食、快眠、快便は健康のバロメーターと言われています。しかしながら、近年、食生活の欧米化、ストレス社会、運動量の減少によって便通異常を訴える方が増加しています。いわゆる刺激性の下剤は効果は強いですが、使い続けることによって腸が刺激に慣れていまい、最終的には効かなくなります。さらに、腸内のガスの排泄が滞り、腹部膨満感という合併症が発現します。すなわち、腸の蠕動(ぜんどう)運動が自発的に起きることが根本的な体質改善につながります。

便秘のタイプ別漢方

近年の便秘は腸の冷えが原因と考えます。腸を温めることによって自発的な蠕動運動が始まります。温める性質の生薬が配合された温脾湯(おんぴとう)で冷えを改善すると腸の緊張が和ぎ、スムーズに排便できます。一方、うさぎの糞のようなコロコロ便はストレスにより腸液の分泌が低下しています。腸を潤す潤腸湯(じゅんちょうとう)が適しています。また、便が細く、途中できれたり、残便感が残る場合は自律神経のバランスが崩れています。自律神経のバランスを整える九味檳榔湯(くみびんろうとう)が適しています。

1 / 2