エラスチン:肺への作用

エラスチンは、タンパク質の一種で、肌や血管、靭帯、バスト、肺など、伸縮性が必要とされる組織に多く分布し、組織に弾性を与える働きをしています。 カツオエラスチンは加齢とともに減少するエラスチンを補い、美容・健康維持に役立つ素材です。

前の記事

咽喉頭異常感症と漢方